旧優生保護法のもとで不妊手術を強いられ、憲法が保障する基本的人権を侵害されたなどとして、福岡県の聴覚障害のある夫婦が24日、損害の一部として慰謝料など計2千万円の賠償を求める訴訟を福岡地裁に起こした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます