外国人観光客向けの免税制度を悪用し、消費税の不正な還付を請求したとして、埼玉と大阪の免税店業者計3社が重加算税を含め計約5千万円の追徴課税を受けたことがわかった。税率が10%にアップし、不正な還付請求により得られる「うまみ」も増しており、国税庁は警戒を強めている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます