40万人超の従業員を抱える「巨艦」日本郵政グループの3社長が、かんぽ生命保険の不正問題の責任をとって一斉に交代する見通しだ。総務事務次官からの情報漏洩(ろうえい)問題に関わった鈴木康雄・日本郵政上級副社長(元総務次官)も辞任の方向となった。日本郵政の新トップ候補には安倍政権に近い増田寛也・元総務相(68)が浮上しているが、グループを立て直せる体制にできるかは、なお流動的だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます