天皇、皇后両陛下は26日、台風19号などで被害を受けた宮城県丸森町、福島県本宮市を日帰りで訪れ、被災者を見舞う。代替わり後、お二人の被災地訪問は初めて。平成の時代、上皇ご夫妻は率先して各地の災害被災地を訪れてきたが、「国民と苦楽を共にする」という皇室の在り方は令和にも引き継がれる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます