45点の米が並ぶ一室に、張り詰めた空気が満ちていた。5人の審査員が番号の付いた黒い皿を手に取り、顔に近づけたり、指先で触ったり。すべて2019年産の酒米「山田錦」。大胆な試みが始まった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます