首里城(那覇市)の正殿などが全焼した火災から2カ月。再建を願い、故郷を離れて暮らす沖縄ゆかりの人たちが支援の輪を広げている。琉球王国の政治・文化の中心として栄え、沖縄戦による焼失からよみがえった姿は、人々の心のよりどころだった。ウチナーンチュ(沖縄の人)のマブイ(魂)を取り戻そうと模索が続く。沖縄出身の2人の記者が取材した。平良孝陽、山城響…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます