日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)がレバノンに逃亡した問題で、東京地検は2日午後1時45分、出入国管理法違反容疑でゴーン前会長が住んでいた東京都内の住居の家宅捜索を始めた。地検は警視庁に協力を要請しており、前会長が何らかの手段を使って不法に出国したとみて、出国までの経緯などを調べる方針だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます