日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)がレバノンに逃亡した問題で、前会長は、弁護人が保管していた3通の旅券とは別に、フランス旅券1通を鍵付きのケースに入れて所持していたことが、関係者への取材でわかった。東京地検は2日午後、前会長が住んでいた東京都内の住居を出入国管理法違反容疑で家宅捜索。前会長はこの旅券を使ってレバノンに入国した可能性がありそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます