米軍がイランの革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害したことについて、トランプ大統領は3日、記者会見し「我々の行動は戦争を止めるためのものだった」と述べ、正当性を強調した。イランの政権転覆は求めないと訴える一方、米国民への脅威には「必要な行動をとる」とも述べ、イランを牽制(けんせい)した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます