イランのイスラム革命防衛隊のソレイマニ司令官(62)が米軍に殺害され、米イランの緊張が高まる中、イラクの米軍が駐留する基地付近に4日、ロケット弾が着弾した。イラクの米国関連施設を狙ったロケット弾攻撃はこれまでもあったが、今回は司令官殺害への親イラン勢力による報復と受け取られかねず、緊張状態が続いている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます