余命3カ月と宣告されたがん患者が、死線をさまよった末に「走ること」に出合った。がんはまだ肺に複数残っている。札幌市西区の調理師和田雄二さん(53)がその人だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます