日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)が8日、逃亡先のレバノンで2時間以上にわたって記者会見した。「希望がなかったので日本を出た」「レバノンは自分を尊敬してくれる人ばかり」――。一貫して日産や日本の司法制度を批判し、自信たっぷりに自らの行動を正当化し続けた。記者とのやりとりは以下の通り。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます