「日本で死ぬか、出て行くかだ」。日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反(特別背任)罪などで起訴=は8日、レバノンの首都ベイルートでの記者会見で、日本からの逃亡を決めた際の追い詰められた心境をこう表現した。日本の刑事司法制度への絶望感や日産を立て直した強烈な自負を雄弁に語るのとは…

無断転載・複製を禁じます