明治~大正期に沖縄に赴任し発展に尽力した、佐賀市出身の第11代斎藤用之助(1859~1933)が所有していた琉球漆器など4点が、沖縄県立博物館・美術館(那覇市)に寄贈されることになった。首里城の火災という困難に、ひ孫にあたる第14代用之助さん(73)が「沖縄の支えになれば」と決めた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます