1月24日で任期満了を迎え、退任するNHKの上田良一会長が9日、最後の定例記者会見を開いた。次期会長を決めた昨年12月の経営委員会では、上田氏の手腕について、コストの見直しが不十分だとする指摘があったが、上田氏はコストの点について経営委から直接の指摘を受けたことはないとした上で、受信料の支払率を上げたり、受信料値下げを実行したりしてきたと強調し、「私としては、できる限りぎりぎりのことはやってきた」と語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます