阪神・淡路大震災の追悼行事で使われる竹灯籠(どうろう)づくりが11日、神戸市北区のあいな里山公園であり、市民や地元の中高生らが参加した。約500本作られる見込みで、17日に同市中央区の東遊園地である「1・17のつどい」で並べられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます