静岡県内で死んだ象の牙を日本国内から密輸出しようとしたとして、千葉県警は、ラオス国籍の20代の男を関税法違反(無許可輸出未遂)の疑いで14日にも逮捕する方針を固めた。県警の捜査関係者への取材でわかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます