阪神・淡路大震災が起きた朝、神戸のラジオ局に居合わせた番組出演者2人は、その瞬間から全く経験のない長い災害放送に向き合うことになった。ラジオを取り巻く環境が激変する中、2人はいまもマイクの前に座っている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます