生命保険会社の医療保険の「先進医療保障」で4月以降、白内障手術が対象外となる見通しだ。厚生労働省が昨年末、これまで先進医療として認めた手術法を外す方針を決めたためだ。白内障は高齢者がかかりやすくて手術も増えており、保険会社の先進医療特約の支払件数の大半を占める。白内障治療を考えている保険加入者は、注意が必要だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます