例年にない暖冬は、福島県内でも有数の豪雪地・只見町で2月8、9日に開かれる雪まつりの準備にも、深刻な影響を及ぼしている。まつりの目玉である大雪像をつくるための雪の確保の見通しが立たず、サイズの縮小も予想されるからだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます