菅義偉官房長官は16日、昨年11月に内閣府が国会に提出した資料で部局名を白く塗って消す加工をしていた問題で、内閣府人事課長と課長級参事官の判断で加工を行ったことを認めた。総括文書管理者の官房長は加工を「知らなかった」とした。午前、午後2回の会見の主な質疑は次の通り。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます