阪神・淡路大震災から25年を迎えた17日、熊本県山鹿市で「防災のつどい」が開かれた。高校生や小中学生らが炊き出しなど災害時に役立つ知識や技術に触れ、災害への備えの大切さを考えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます