国際地質科学連合は17日、韓国で会合を開き、約77万4千~12万9千年前の地質時代を「チバニアン(千葉時代)」と命名することに決定した。地球の46億年の年代は生物の絶滅や地磁気の変化といった痕跡をもとに100以上に分けられており、その痕跡が明確な地層がある場所が、その時代を代表する国際標準模式地(GSSP)になる。日本の地名が時代の名前になるのは初めて。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます