36人が亡くなった京都アニメーションの放火殺人事件から6カ月になった18日午前、現場の第1スタジオ(京都市伏見区)近くで法要が営まれた。興禅寺(同)の藤沢めぐみ住職(52)は事件後、月命日に欠かさず現場でお経を唱えてきた。犠牲者や遺族、負傷者、様々な人を思いながら、手を合わせ続ける。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます