将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が、19日に名古屋市で指された第13回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦に出場し、菅井竜也七段、斎藤慎太郎七段を破ってベスト4入りを果たした。藤井七段は2018年、19年と朝日杯を2連覇しており、2月11日に東京で指される公開対局で3連覇に挑む。藤井七段は対局後、「粘り強く指して結果につなげることができたのは非常によかった」と話した。主な内容は以下の通り。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます