この夏に開催される東京オリンピックで女子柔道への出場を目指し、アフリカのマダガスカルから国際武道大学(千葉県勝浦市)に留学している2人の選手がいる。ともに2018年の同国内1位で、猛稽古に励む。柔道部部長の石井兼輔教授(59)は「2人とも来日してから強くなった」と話し、活躍を期待している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます