四半世紀にわたるこれまでのキャリアの集大成ともいえる作品展を、東京都現代美術館(2月16日まで)で開いているデザイナーの皆川明さん(52)。魚市場で働きながら食費一日100円でしのいだ苦しい時代を乗り越え、追求し続けている「100年続くブランド」とは、どんなものなのか。たっぷりとうかがいました。(巡回展は6月27日から8月16日まで兵庫県立美術館で開催予定)…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます