「オープンデータ」と呼ばれる国や自治体などの公開情報を使い、防災に役立つアプリケーションソフトを作る動きが広がっている。消火栓や避難所の位置、過去に浸水の被害に遭った地点を地図に表すなど手軽に使えるものが多く、新たな経済活動につながることも期待される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます