これまでの治療薬が効きにくいタイプの急性骨髄性白血病(AML)向けに、新しい分子標的薬が相次いで承認された。骨髄などの造血幹細胞移植も、合併症を予防しやすくなり、治療の選択肢が広がっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます