バスケットボールB1の島根スサノオマジックの鈴木裕紀(ゆきのり)監督(42)がパワハラ行為を繰り返しBリーグから出場停止処分を受けたことを受け、運営会社「バンダイナムコ島根スサノオマジック」は21日、記者会見を開き、ファンやパワハラを受けたスタッフ、選手に謝罪した。鈴木監督への罰金処分なども明らかにした。監督は反省しているという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます