認知症の人が見ている世界をバーチャルリアリティー(VR)で疑似体験し、楽しく運動して高齢期の病気に備える「リバイバルダンス」に挑戦する講座が21日、大阪大学豊中キャンパス(大阪府豊中市)であった。留学生約20人が参加し、体を動かしながら日本が直面する社会課題と解決方法について考えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます