インターネットの投稿サイトでの中傷をめぐる名誉毀損(きそん)訴訟で、東京地裁(市原義孝裁判長)が先月、SMS(ショートメッセージサービス)のアドレスとして、投稿者の電話番号の開示を命じる判決を言い渡したことが分かった。同種訴訟では電話番号の開示は難しいとされており、原告側は「投稿者を特定しやすくなる」と評価している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます