ラグビーのトップリーグが、国連が掲げる「持続可能な開発目標」(SDGs)の推進を意識した取り組みを始めた。人々の暮らしや地域の課題解決に関わることで、昨年のワールドカップ(W杯)で人気を得た競技の社会的価値を高める狙いだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます