今年1月から所得税の仕組みが見直され、高収入の会社員らの負担が増える。「控除」のうち会社員らが対象の「給与所得控除」が縮小されるからだ。一方、すべての納税者が対象の「基礎控除」は手厚くなり、自営業者や近年増えているフリーランスの人の多くが減税となる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます