遺伝病を防ぐために受精卵の遺伝子を調べ、問題がないものを選ぶ着床前診断をめぐり、日本産科婦人科学会(日産婦)は25日、診断対象の拡大案を示し、公開で議論を始めた。参加した専門家からは、大人で発症する病気にも広げることへの賛成意見が多かった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます