畑の湿り具合を計ってデータを無線で送りつつ、計測が終わったらそのまま土に返る――。そんなIoT(モノのインターネット)機器を大阪大産業科学研究所が開発した。基板や部品の一部に、繊維が極細の紙「ナノペーパー」を使い、土中の微生物で分解されるようにした。回収が難しい場所で、環境に配慮しながらデータを採取したい場合などで活躍しそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます