集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法は憲法9条に違反するなどとして、関西などに住む992人が国に対し、同法による自衛隊出動の差し止めや国家賠償を求めた訴訟の判決が28日、大阪地裁であった。三輪方大(まさひろ)裁判長は差し止めの訴えを却下し、賠償請求は棄却した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます