新元号「令和」の出典となった万葉集。大宰府(福岡県)で行われた「梅花宴(ばいかえん)」で詠まれた和歌の序文から採用されたが、その地域にゆかりがある梅が、「府中市郷土の森博物館」(東京都府中市南町)の梅園にある。市制60周年を記念して5年前、太宰府天満宮から寄贈されたもので、市は「令和になって初めて迎える春。開花は間もなくで、ぜひ見に来てほしい」と話している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます