香港の抗議デモを弾圧する香港政府や背後の中国政府を果敢に批判し続け、仕事を干された香港俳優がいる。ヒット映画「インファナル・アフェア」シリーズの心ある警視役などで知られるアンソニー・ウォンさん(58)だ。収入が激減してもなお動じない彼は、香港のフィリピン人家政婦の現実を描いた2月1日公開の香港映画「淪落(りんらく)の人」に、報酬を辞退して主演した。その思いとは――。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます