星の数でレストランを格付けする「ミシュランガイド」の2020年フランス版が発表されました。今年は、日本人シェフの店がフランスで初めて三つ星と評価され、話題になっています。また、フランス料理界の重鎮がシェフを務めていた店が、星を落とすと、評価をめぐって様々な議論が巻き起こりました。本家フランスで「ミシュランガイド」は、非常に影響力が大きいようです。日本でもその知名度、注目度は抜群です。なぜタイヤメーカーによる格付けがこれほどの影響力を持つのでしょうか。外食産業に詳しい元亜細亜大学教授の茂木信太郎さんに話を聞くと、世界でも特に日本に浸透していることや、和食ブームとの関係も見えてきました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます