イタリア各地の名歌劇場で躍進中のメゾソプラノ、脇園彩が来月、新国立劇場「セビリアの理髪師」の利発なヒロイン、ロジーナを演じる。「『セビリア』は、究極の人間賛歌であるロッシーニ芸術への最良の入り口。ユーモアの奥にひそむ大人の知性を聴かせたい」と語る。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます