トランプ米大統領の「ウクライナ疑惑」をめぐる上院の弾劾(だんがい)裁判は1月31日、証人を召喚するための採決が行われ、与党・共和党の反対多数で否決した。野党・民主党が求めたボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)らの召喚はないまま、審理は終了することになった。両党は2月5日(日本時間6日)に判決を言い渡すことで合意し、トランプ氏は無罪となる見通しだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます