節分を前に奈良市の興福寺で1日、寺の婦人会の女性らが、豆まきに使う「福豆」を準備した。25人ほどが手分けして大豆を小さな紙袋に入れ、約6300袋をつくった。3日の節分行事「追儺会(ついなえ)」でまかれる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます