建設が進んでいた、新型コロナウイルスによる肺炎の患者を専門的に受け入れる中国・湖北省武漢市の「火神山医院」が2日、ほぼ完成し、人民解放軍に引き渡された。工事は春節による大型連休を返上して24時間態勢で行われ、工期10日ほどの「超突貫工事」だった。病床数は約1千で、3日に開院し、患者を受け入れる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます