日本の司法制度に対し、海外の一部の報道などでにわかに批判の声が高まっています。会社法違反などの罪で起訴され、レバノンに逃亡した日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)が「非人道的だ」などと非難したことがきっかけです。実際、日本の司法制度は、グローバルスタンダード(世界基準)と比べてそれほど特殊なのでしょうか。海外の刑事司法に詳しい成城大学法学部の指宿信(いぶすきまこと)教授(刑事訴訟法)に聞きました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます