横浜港で停泊中の大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の乗客・乗員約3700人を対象に、厚生労働省は3日夜から検疫を続けている。沖縄に寄港した際に検疫を済ませたが、この船に乗って香港に帰国した男性(80)で新型コロナウイルスによる肺炎が確認されたことを受けて、再検疫を実施した。男性と長時間一緒にいるなどした濃厚接触者や、発熱などの症状がある人はウイルス検査を行う。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます