防空壕(ごう)が商店街に、旧陸軍施設がイモ倉庫に――。明治から第2次大戦までに九州各地に築かれ、現在に残る戦争遺跡が、今も意外な形で再利用されている。戦争を後世に伝える「無言の語り部」だが、保存が危ぶまれてもいる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます