トランプ米大統領の「ウクライナ疑惑」をめぐる弾劾(だんがい)裁判で、米上院は5日、無罪判決を言い渡した。罷免(ひめん)を免れたトランプ氏は、再選を目指す11月の大統領選で、反転攻勢をかける材料を得た格好だ。米社会の分断が進むなか、議会が大統領にチェックをかける限界もあらわになった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます