中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスの感染が広がっている問題で、原因不明の肺炎の存在をいち早く警告し、自らも感染した武漢中心病院の李文亮医師(33)が7日、死去した。警告を初動対応に生かさず、「デマを流した」として李氏を処分した当局の動きに世論が反発。これまでくすぶっていた政府批判が噴き出し…

無断転載・複製を禁じます