アジの水揚げ量日本一を誇る長崎県松浦市で昨年12月20日、国内最大級の石炭火力発電所の運転が始まった。九州電力松浦発電所2号機。出力は100万キロワット。原発1基に相当する。隣接の電源開発(Jパワー)の発電所も含め、松浦には計370万キロワットの石炭火力が集中する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます